So-net無料ブログ作成
検索選択

真夏の天然冷凍庫巡り(前編) [旅]

20150801_1556_0405k.jpg

関東ではあちこちで35度を超えるとかいう猛暑の最中、地上は30度超でもその足元には0度の世界がある。それも天然の状態で。納涼を兼ねて、ちょっと冒険も加味して、富士の風穴・氷穴へ行ってきました。
ざっくり写真を載せてますが、詳しい雰囲気は動画の方で見てください。




<1番目の穴:駒門風穴>

駒門風穴入り口
富士山周辺で最大の溶岩洞窟とパンフレットにもある穴だが、空き地のような駐車場とか、受付とかもこじんまりしていて、穴場的観光地。
それにしても市街地&畑の下にこんな大穴があるというのは怖くないですかね。

駒門風穴
中は天然クーラー。なんという涼しさ。
一年中13度前後ということで、冬来ると逆に暖かいらしい。

駒門風穴
入ると大空間が広がってます。最近は過疎空間でばかり遊んでいる奴が、マインクラフトのダンジョンのようだとか言ってます。

駒門風穴
足元も比較的元のままのところ多く、いい穴です。
本穴という主洞と枝穴という脇道があります。

駒門風穴出口
大きく左回りで一周する感じで入り口と同じところに戻ってきます。
外へ出ると気温30度超の世界に戻ります。出たくない。


<2番目の穴はどこ?>

UH-1汎用ヘリ
御胎内温泉健康センターに車を停めて次の穴を探し回る。
自衛隊の町なだけあってこんなのも飾ってあります。

堀金北溶岩樹形
広大な敷地は1400年前に流れ出た溶岩の上にあるようで、溶岩樹形が残っているそう。

溶岩樹形
溶岩樹形はこんなやつです。
これは立ったまま大木が溶岩に包まれて、木だけ燃え尽きて穴が残ったもの。この太さの大木が生えてたと思うとすごい。横に木が倒れて木だけ燃え尽きると横穴の洞窟になります。


<2番目の穴:印野胎内>

印野胎内
御胎内温泉健康センターではなく、その敷地外の北の方に「富士山御胎内清宏園」というのがあって、底の神社の後ろにあることがわかり、ようやくたどり着いた。
これがその入り口。出口はここの右側に開いている。

印野胎内
中の照明は必要最低限以下で、このように非常に狭いところもあり、懐中電灯やヘッドランプは必須。服(特にひざ)も汚れえる覚悟が必要。2番目の穴としてはグッドな穴だった。

印野胎内
なぜ胎内と言うかというと体の中をイメージしているから。狭いところは産道ということらしい。
溶岩が形作った珍しい岩肌も見所です。


<お昼ご飯:忠ちゃん牧場>

忠ちゃん牧場ジンギスカン
今回は富士山を左回りでぐるりと回るよう企画したのだが、お昼ごはんはその途中に出くわす「忠ちゃん牧場」と決めていた。ここのジンギスカンが目当て。

忠ちゃん牧場ジンギスカン
最近は仮想空間で遊んでばかりいる奴が、ジンギスカン鍋が底上げされていることを知らず「こんなに食えねえ」とか言ってる。ほじるとすぐ下に野菜と鉄板があって「なあんだ」と拍子抜けしていた。

忠ちゃん牧場ジンギスカン
これで2人前。あと1人前が後から別皿でやってきた。
焼けてきた。さあ食うぞ。

忠ちゃん牧場ソフトクリーム
ここはソフトクリームも名物。一口食って「食い放題で食べてるのとぜんぜん違う。味が濃い!」と驚愕していた。普段食ってるのはラクトアイスという乳脂肪分が入ってない安物だろう。ここのは乳固形分・乳脂肪分が規格以上(アイスはそれぞれ15%以上・8%以上)に入ってるんじゃなかろうか。

忠ちゃん牧場牛乳
牛乳も甘みがあって旨い。


白糸の滝

白糸の滝
幅200mに渡って岩肌から流れ落ちる小さい滝の集合が富士宮白糸の滝。
富士の湧水なので水は冷たく、1分も腕を入れていると痛くなってくる。

白糸の滝
Uの字に囲まれた谷の中は滝から上がる飛沫が飛翔して、マイナスイオンに満ちている。

~動画(前編)~



※Facebookの写真のリンクが切れるので、FacebookのアルバムへのURLをリンクします。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1470248179964978.1073741843.100009394295920&type=1&l=33d7195dfb

続きは中編へ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。