So-net無料ブログ作成
検索選択

堂平山、伊豆ヶ岳 [旅]

20140914_915s.jpg
堂平山山頂からの夜景
(クリックすると大きく見られます)

20140914_856k.jpg
こちらは昼間の展望


またまた堂平山だ。
ここんとこ、ここばっか通っている。
というのは、やはりここで見えるはずの景色に廻り合えてないからだろう。

9月14日、朝からすばらしい快晴だった。
これは・・・これは、行くべきでないか?


どうやって行こうか思案したが、結局いつもの河川敷ルートへ。
草が刈られ、8月末にはなかった彼岸花が咲き始めていた。
20140914_852s.jpg

同じルートでも毎回違った顔を見せてくれるので、飽きさせないのが舗装路と違うところ。
20140914_850s.jpg
流されて以来放置が続く冠水橋の「島田橋」のところでも、去年と同じように土手では彼岸花が迎えてくれる。
今土手では草刈が進んでいるが、この辺はだいぶ前に刈ったからいいものの、場所によっては咲いたばかり彼岸花がばりばりと首チョンパされていると思われる。球根のようだからすぐまた生えてくるようだけど。


奥武蔵から秩父方面にはしょっちゅう通っているので、天然水の入手場所もなるべくチェックしている。
最近お気に入りの水汲み場。
先ほど昼飯用にカップラーメンを買ってある。この水で食うつもりだったが・・。
20140914_854s.jpg

お気に入りの水汲み場全景。
20140914_855s.jpg
岩の下から水が湧き出している。つまりそこが水源なのだ。
よくある水汲み場は山の中からホースで水を引いているところがほとんどで、雨の後とかには不純物が混じったり味が濁ったりすることがあるのだが、ここは地中からろ過された直後なので安心。
ぐびぐび飲んでるが、今まで腹がおかしくなったこともない。


さて堂平山山頂に到着。
20140914_863s.jpg
今日は空が真っ青で期待できるぞ。写ってるかまぼこ型の建造物は単なる倉庫と思ってたのだが、夜に正体が判明する。
ここから右を向くと、冒頭2枚目の展望写真となる。

この山頂で昼飯を食った。が、カップラーメンではなくサンドイッチ。
日が暮れるまでまだ時間があるので、急遽思い立ってちょいと登山してみようと心変わりしたので、早めに切り上げたかったのだ。

目標の山は「伊豆ヶ岳」。正丸峠から1時間もあれば登れるはずの山である。
まずは白石峠から奥武蔵グリーンラインを刈場坂峠へひらりひらりとローリングする。

20140914_867k.jpg
刈場坂峠から堂平山が見える。写真中央のが山頂の天文観測所。

刈場坂峠から下って登ると正丸峠。
峠の茶屋の駐車場には、イニシャルDの舞台となったこともあるだけあって、白黒のパンダトレノが停まってた。
20140914_870s.jpg
さて登山開始はなんと15時。登れる体力があるか、日があるうちに戻れるか、かなり心配。

もう着いた!
と思ったら、「小高山」というピークのひとつだった。
20140914_872s.jpg
20140914_874s.jpg
落ちた看板によると標高720m。山伏峠方面に少しだけ展望がある。

しばらくして急な階段を上り切ると山頂到着。着いたー!
と思ったら、「五輪山」なるピークだった。
20140914_877s.jpg
ゲートボールでもできそうなほど平らに整備されているが、展望はまったくない。

この後クサリ場が現れ、危なそうなので女坂という迂回路に行ったが、そこも崩落があるとかで、迂回路の迂回路を行く。その迂回路が急なうえかなり足場悪く、明るいうちにここに戻れるか本気で心配した。

迂回路の迂回路なる急坂を登りきると岩場がある比較的広い尾根に出て、ほどなく目的地の伊豆ヶ岳山頂、851mに着いた。
20140914_891s.jpg
見晴らしのいい山と聞いてたのだが、低木が邪魔でよく見えない。
手前の四角い石柱が三等三角点。

20140914_894s.jpg
少し戻ったところの方が見晴らしがいい。
堂平山からと同じところが見えているようだが、堂平山の方が360度開けているのでダイナミックな展望だ(しかも山頂まで車)。
片や滝のような汗を涼しい風で乾かしつつ、水筒の水をがぶがぶ飲む。(この水は例の汲んだ水です)


無事明るいうちに正丸峠に戻ることができ、同じ道を伝って堂平山に戻ると、ちょうど日の入りの時だった。
20140914_903s.jpg

20140914_905s.jpg
日が落ちたところのでこぼこ山は「両神山」のようだ。

そしてゆっくりと暗くなっていく。
それとともに地上の星が瞬き始める。
20140914_906s.jpg
三脚がなかったのでいずれもピンボケなため、小さい写真にしてごまかしている。

20140914_909s.jpg

20140914_911s.jpg

そして冒頭の写真。これが一番ボケてなかった。
20140914_915s.jpg

この写真の注目点は夜景ではなく、手前の薄明るいところ。
20140914_916s.jpg
天体望遠鏡があるのが分かるだろうか。
天文台の駐車場のかまぼこ型倉庫の屋根がスライドし、中からこんなものが出てきたのだ。
実は倉庫ではなく小さな観測所だった。この望遠鏡は西の空にあった土星を捉えていて、皆に見せてくれた。肉眼だと黄色っぽい普通の星だが、望遠鏡でみると、はっきりと白くまぶしいあの輪を被った土星が!


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 1

TSO

makimakiさん、niceありがとうございます。
by TSO (2014-09-23 22:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。